高齢化が深刻な農業の救世主!アシストスーツを使用したら力仕事が楽になる!

SNSフォローボタン
楽衛門をフォローする

腰への負担が大きい農作業の負担を軽減するアシストスーツが誕生しました。
高齢化や人手不足が深刻な農業。
働く人の負担が、今後も増えることが予想されることから、労災予防の面でもアシストスーツが注目されています。
この記事では、現場で使用できるアシストスーツ『楽衛門』をご紹介します。

楽衛門のアシストスーツが農作業を楽にしてくれる理由

アシストスーツとは、屈伸による腰の曲げ伸ばしを補助することで、腰への負担を軽減する補助スーツのことを指します。
これまでのアシストスーツは「高価、重い、複雑」という面で、現場で使用するには現実的ではありませんでした。
そこで、「安い、軽い、簡単」という現場にやさしい楽衛門のアシストスーツが誕生したのです。

超ハイパーゴムが腰の曲げ伸ばしをサポート!

楽衛門のアシストスーツは、最高クラスを誇る超ハイパーゴムを使用することで、モーター式にも劣らないパワーで腰への負担を軽減します。
使用するゴムは、

  • 5000回の伸縮処理をおこなう試験でも約90%の保持力を維持
  • 伸縮力の試験では30kg以上の伸長力を証明

という検査済み。
複雑な機械操作は不安、、、という高齢の方にも、気軽に使って頂けます。

超軽量だから作業の負担にならない!

従来のアシストスーツはモーターなどが付いている関係で、重さ数キロするものがほとんどでした。
しかし、数キロもするものを身体につけながら作業するのは、現実的ではありません。
現場で使えるようにするためにも、軽量にこだわりました。
そして、モーターの代わりにゴムを使用することで、約800gという軽さが実現。
見た目もスッキリしているため、通常の作業が違和感なく行えます。

装着もラクラク!10秒で準備完了!

楽衛門のスーツは10秒で装着できるのも魅力のひとつ。
しかも、装着のたびに更衣室へ行ったり、だれかに補助をしてもらう必要はありません。
重労働の時だけアシストスーツを装着してもいいですし、ショルダーベルトを調整するだけで、アシスト機能のオンオフができるため、アシスト機能を調整しながら作業することも可能です。

抗菌防臭加工、洗濯OK!

どうしても汚れやすい農作業
そのため、丸洗いOKな作りにしています。
また、今はウイルス感染の懸念もあり、抗菌防臭加工をすることで感染予防にも配慮しています。

腰を傷めないために!アシストスーツの正しい使い方

背筋を伸ばしながら膝をまげ、お尻を突き出すように腰を曲げ、ゴムの復元力に合わせて、そのまま立ち上がってください。
そうすることで、腰への負担を軽減することができます。

アシストスーツ

腰痛を予防する農作業のコツ!

  1. 荷物を左右に移動させる際、身体の上半身だけねじると腰への負担が大きくなります。そのため、身体をねじるのではなく、身体ごと向きを変えるようにしましょう。
  2. 中腰が続く作業のときは、椅子を用意しましょう。椅子を用意することが面倒に感じて、つい中腰でやってしまいがちですが、ヘルニアなどを患うと仕事そのものが困難になることもあります。
    無理な体勢はできる限り避けましょう。
  3. 荷物を身体に密着させながら運ぶと、腰への負荷がかかりにくくなります。
  4. 下に置いている荷物を持ち上げる時は、足を広げた状態でしゃがむと腰への負担が軽くなります。

農業の現場ではこのような使い方ができます

楽衛門のアシストスーツが骨盤をしっかりサポートするので、重たい荷物が楽に持ち上がります。

水稲・畑作

畑仕事は、中腰と立ち上がりの繰り返し動作が増えますが、アシストスーツはそのような上下運動のサポートもしてくれるので、通常業務の負担を大幅に減らすことができます。

野菜・果樹・園芸

収穫した農作物を、トラックや台車に上げ下ろしする際に助かります。

畜産

畜産も、中腰や低い姿勢での手作業が多いです。
そのため、しゃがんだり、立ち上がったりの動作の繰り返しが辛いという声を聞きますが、アシストスーツを使用することで立ち上がり動作が楽になります。

「いきなり買うのは不安」お試しレンタルも行なっています!

楽衛門は、実際に効果を体験してから、購入を検討していただきたいと考えているので、1週間のお試しレンタルも行なっております。
そのため、「自分に合うのか不安」「いきなり購入するのはちょと抵抗がある」という方は、まずはお試しレンタルを活用してみてくださいね。

農作業での使用は補助金や助成金の対象になる場合があります。

自治体によっては、アシストスーツが補助金助成金の対象になる場合があります。
交付の条件は自治体によって異なるので、購入を検討されている方は一度自治体に問い合わせみましょう。

アシストスーツの補助金助成金について、もっと詳しく知りたい!という方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

腰への負担が多い農業ですが、その負担を少しでも軽減できればとの思いでアシストスーツを開発しました。
実は私自身が、仕事中にヘルニアを患い、一時は歩行困難にもなりながら4回のヘルニア手術を受けた経験があります。
「もう、ふつうに働けないかもしれない」という怖さを知っているからこそ、現場で使用でき、腰痛の負担を軽減するアシストスーツを作ろう!と今に至ります。
今後、高齢化社会により、働く人の高齢化の懸念もあるため、農業という業界全体をサポートできるような活動を続けていきたいと考えております。

タイトルとURLをコピーしました