物流業界の悩みを解決!アシストスーツを使用すると仕事の負担が軽減する理由を徹底解説!

SNSフォローボタン
楽衛門をフォローする

引っ越しや配送など、物流業界で働く人にとって大きな悩みとなるのが「腰痛」。
腰痛が原因で仕事を辞めることになった人も多く、また過去には労災が認められ、会社が保険料の一部を負担することになった事例もあります。
そんな物流業界を悩ませる腰痛を軽減するためのアシストスーツが誕生しました。
仕事中にヘルニアを患い、4回のヘルニア手術をした当事者が、「現場で使えるアシストスーツ」楽衛門を開発。
この記事では、アシストスーツを使用することで、物流業界の負担がどのように変わるのか解説します。

なぜ楽衛門のアシストスーツは物流業界の人に役立つ補助スーツといえるのか?

アシストスーツとは、腰の負担を軽減する補助スーツのことですが、従来のアシストスーツの「高価、重い、複雑」というネガティブなイメージをくつがえし、「安い、軽い、簡単」を実現したのが、楽衛門のアシストスーツです。
安価なため社内導入へのハードルを下げ、個人での購入も可能。
また、軽くて簡単に操作できるため、装着したまま通常業務が行えます。

ゴムの力を利用することで腰への負担を軽減!

楽衛門のアシストスーツは、腰の曲げ伸ばしの作業をゴムの力でサポートすることで、負担を軽減しています。
しかも、アシストスーツに使用するゴムは

  • 5000回の伸縮処理をおこなう試験でも約90%の保持力を維持
  • 伸縮力の試験では30kg以上の伸長力を証明

という、最高クラスのパワーを誇る「ゴム」なので、ゴムだからといってモーター式に比べて機能が劣るということはありません。

業界の常識を破る超軽量!

従来のモーター式のアシストスーツは数キロするものが多く、現場で使用するには現実的ではありませんでした。
現場で使える」を基準に考えるのであれば、軽さは必須項目。
そのため、ゴムという素材を使用することで、約800gという軽量のアシストスーツをつくることができました。
また見た目もカジュアルになっているため、お客さま宅の訪問にも違和感がありません。

10秒で装着完了!だから現場で使いやすい

楽衛門のアシストスーツは、どこでも簡単に装着できるよう10秒で装着できるように設計しました。
移動の多い物流業界では、使用のたびに更衣室にいくのは難しく、また装着するのにだれかの補助が必要な場合、忙しい物流の現場では現実的ではないと考えました。
また、ショルダーベルトを緩めるだけでアシスト機能のオンオフの切り替えができるため、運転中はアシスト機能を解除し、荷物の持ち運びのときにアシスト機能を使用することで、装着したまま通常業務をしていただけます。

抗菌防臭加工、洗濯OKなので、あらゆる場面で活用できます

夏場では汗をかくことも多いと思いますし、今はウイルス感染リスクもあり、以前以上に感染対策が求められているため、抗菌防臭加工済みで、洗濯もできるというのは非常に重要だと考えています。

よりアシストスーツの効果を発揮する使い方

背筋を伸ばしながら膝をまげ、お尻を突き出すように腰を曲げ、ゴムの復元力に合わせて、そのまま立ち上がってください。
そうすることで、腰の負担を軽減することができます。

アシストスーツ

日頃からできる腰痛予防

  1. 下に置いている荷物を持ち上げる時は、足を広げた状態でしゃがむと、より負担の軽減になります。
  2. 荷物をもった状態で、上半身と下半身でねじれの状態になると腰を痛めやすいため、まっすぐ持ち運びするようにしましょう。
  3. 荷物を身体に密着させながら運ぶと、負荷がかかりにくくなります。

物流の現場ではこのような使い方ができます

活用場面1

アシストスーツが骨盤を支えてくれることで、30キロほどの荷物も楽に持ち上がります。

活用場面2

トラック運転中はアシスト機能を解除し、荷物の運搬時はアシスト機能を利用

活用場面3

冷暖房が完備されていない倉庫でも蒸れないので使用しやすい

腰の痛みをかかえたまま仕事を続けると、歩行困難になったり、仕事の継続が難しくなったりすることがあります。
そのため、こまめにアシスト機能を調整することで、腰への負担を軽減していきましょう。

「価値を感じてから使ってほしい」お試しレンタルも行なっています!

お客さま自身が実際に使用してみて、納得してからご購入いただくことが、現場で使用するうえで最も重要だと考えているため、楽衛門では1週間のレンタルも行なっています。
いきなり買うのは不安があるという方は、まずはレンタルでアシストスーツを体験してみてください。

レンタルの申し込み、「レンタルはこちら」からご覧いただけます。

職場での使用は補助金や助成金の対象になる場合があります。

自治体によっては、アシストスーツが補助金助成金の対象になる場合があります。
交付の条件は自治体によって異なるので、購入を検討されている方は一度自治体に問い合わせみましょう。

物流業界の腰痛問題は非常に深刻で、腰痛が原因で仕事を辞めないといけなくなったスタッフもたくさんいます。
また、過去には労災認定され、会社が保険金の一部を負担することになった事例もあることから、スタッフにとっても、会社にとっても「腰痛」は早急に改善が求められる課題といえるでしょう。
さらに高齢化社会により、今後は働く人の高年齢化も懸念されているため、楽衛門は「物流業界」そのものをアシストできるような活動をしていきたいと考えています。

タイトルとURLをコピーしました