アシストスーツは効果あり?現場での使いやすさを徹底的に追求した唯一のアシストスーツ!

SNSフォローボタン
楽衛門をフォローする

近年、いろんな企業が開発を進めている「アシストスーツ」。
介護、農業、物流や作業現場など、力仕事が中心の業界から特に注目を集めていますが、実際に腰痛対策となる効果はあるのでしょうか?
ここでは、4回のヘルニア手術により一時は歩行困難になった開発者が自ら作ったアシストスーツ「楽衛門」の効果について解説します。
楽衛門の特徴は、軽量・低価格・装着が簡単という特徴があり、職場へ導入しやすいアシストスーツとなっています。

市場規模急成長中!アシストスーツとは?

アシストスーツとは、屈伸をともなう腰の曲げ伸ばしによる作業をアシストして、腰の負担を軽減する進化系のアシストスーツです。
アシストスーツには、さまざまな種類のものがあり、モーターで駆動したり、空気圧によって腰への負担を軽減するものもあります。
しかし、このようなモーターで駆動するタイプのアシストスーツは、一台50万円以上するものも多く、また着衣するだけで数キロの重さがかかるため、なかなか現場での使用が広まっていないという課題がありました。
そのため楽衛門では、ゴムの伸縮する力を利用した軽量のアシストスーツを開発しました。
高齢化の関係でアシストスーツは介護、農業、物流など、さまざまな業界でニーズが高まっているため、「現場で使用しやすい」アシストスーツの開発に力を入れています。

アシストスーツが腰への負担を軽減する仕組み

ゴムの伸縮をどのように利用して、腰への負担を軽減しているのか解説していきます。
楽衛門のアシストスーツは、腰部から背部への「超ハイパーゴム(独自開発した3層構造の超高弾性素材)」をベースに、両肩と股間の3点を支点にして、背中の屈曲に対して伸長した超ハイパーゴムの復元力によって、張力を発揮します。
超ハイパーゴムの効力を発揮するためには、背筋を伸ばしながら膝をまげ、お尻を突き出すように腰を曲げ、超ハイパーゴムの復元力に合わせて、そのまま立ち上がってください。
そうすることで、腰への負担を軽減することができます。

アシストスーツ

また、楽衛門のアシストスーツは、
・5000回の伸縮処理をおこなう試験でも約90%の保持力を維持
・伸縮力の試験では30kg以上の伸長力を証明し、国内のパワーアシストスーツで使用されているゴムの素材の中では、最高クラスのパワーを誇っています。

10秒で完了!アシストスーツ装着手順

楽衛門のアシストスーツなら、10秒で装着できるので、仕事中にも活用しやすいのが特徴です。
アシストスーツの課題として、着脱が複雑であるというものがありましたが、楽衛門のアシストスーツならパンツをはいてベルトを肩に装着するだけ
使用のたびに更衣室にいったり、だれかに装着の補助をしてもらう必要もありません。
とくに介護の現場では、すぐに着脱できるかどうかで、使いやすさが変わってくると思いますので、装着の簡単さにはこだわりました。

抗菌防臭加工済み!洗濯も可能なので使いやすい

楽衛門のアシストスーツなら、抗菌防臭加工がされており、洗濯も可能なので、清潔に保ちやすいという特徴があります。
介護現場、農業、工事現場も、作業の過程で汚れやすいという課題があるかと思います。
また今はウイルス感染対策の必要性も求めらているため、丸洗いできるというのは、長期的に使用するうえでも、とても重要なポイントといえるのではないでしょうか。

使いまわしではなく、個人使用ができるという安心感

楽衛門のアシストスーツは、職場スタッフで使いまわしするのではなく、個人用として使用できるように考えました。
人によって体型が異なるため、お客さまのウエストや身長に合わせる形で全9サイズをご用意。
女性の多い職場では、「他の人に自分のサイズを知られたくない」「他のスタッフと共有するのに抵抗がある」といった声があがりやすいので、個人使用できるというのは現場で普及するうえで大事なポイントと考えています。

こんな職業の人に届けたい!アシストスーツ活躍の場

アシストスーツはこのような場面で機能を発揮します。

  • 介護施設
  • 医療施設
  • 引っ越し業界
  • 物流業界
  • 工事現場
  • 工場
  • 農業

などの業界は重労働が多く、腰痛に悩んでいる人が多い業界でもあります。
また、今は在宅介護、とくに高齢者が高齢者を介護する「老老介護」も社会問題になってきているので、そのような個人の方にも、ご利用いただきたいと考えています。
このアシストスーツを開発した私自身、もともとは介護トレーナーの仕事でヘルニアを患い、一時は歩行困難にもなりながら、4回のヘルニア手術を行いました。
歩行困難だった10年前、アシストスーツの開発に関する新聞記事と出会い、「これを着れば、また歩けるようになる!」と震えるほど興奮したことを今でも鮮明に覚えています。
しかし、待てど暮らせどアシストスーツは、日常使用できるような普及をしませんでした。
もう、待っていられない!」と思い、自らアシストスーツを開発することに決めたのです。
現場でヘルニアを患った自分だからこそ、「現場で使いやすい」という部分に徹底的にこだわりました。
腰痛で仕事が辛い」「ヘルニアで仕事を続けられなくなった」そのような悩みを抱えている人のアシストをすることが、私自身の願いでもあります。

実際に使ってみた方の感想

介護士の方に、アシストスーツの体験会を開催し、実際にアシストスーツを装着した状態で80キロの男性の車椅子移乗を体験していただきました。
介護歴3ヶ月の方は、すでに仕事で腰痛を感じはじめていたそうですが、アシストスーツをつけたことで
楽に持ち上がった。腰が安定するから安心して介助ができる。
アシストスーツに慣れると癖になりそう」という感想をいただきました。
また小柄な女性も「楽に持ち上がった」と話し、介護される側の男性も「アシストスーツがあると、介助される側も安心感がある」と述べました。

以下の動画で、実際の体験会の様子をご視聴いただけます。

1週間お試しレンタルしています!

「安心してアシストスーツを購入していただきたい」
「価値を体験してから購入していただきたい」

という思いから1週間のレンタルも行なっています。
いきなり買うのは不安があるという方は、まずはレンタルでアシストスーツを体験してみてください。
ちなみに、レンタルは1週間(7泊8日)で、5,800円 (税込 6,380円)
サイズは9通りあるので、気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました